看護師の『労働寿命』の延ばし方!〜腰痛に注意〜

Uncategorized

腰痛と離職意図との関連には、統計的有意差を認めている。(中野千香子;急性期一般病院における看護職員の腰痛・頸肩腕実態調査.医療労働:2013:563:11-18 より)

腰に負担のかかる動作とは

前かがみ・持ち上げ

前かがみや持ち上げ動作は腰痛の新規発生に関連すると言われています。(独立行政法人労働者健康福祉機構:勤労者の腰痛の実態(第2報),2008.より)

この報告の裏付けとなりそうなお話が、スウェーデンの整形外科医ナッケムソン博士の行った研究で、姿勢の変化による椎間板の内圧の変化を調べた物です。

この研究によると、立っている時を100とすると座っているのみでも140、そこから前かがみになっていくと185、立位での持ち上げ動作では220の圧力が椎間板に加わることを示しています。

NACHEMSON A :THE LUMBAR SPAIN.AN ORTHOPAEDIC CHALLENGE.SPAIN 1:59-71,1976

ひねり

ひねり動作は腰痛の新規発生に関連すると言われています。(独立行政法人労働者健康福祉機構:勤労者の腰痛の実態(第2報),2008.より)

椎間板は縦方向の圧力には強い一方で、曲げたりひねりには比較的弱い性質があると言われています。

       

体を曲げた状態でのひねりは、椎間板をすり潰すような力が加わる。そんなイメージで良いかと思われます。

    

看護と腰痛の関係

移乗介助

 

前かがみ姿勢抱え上げたり、体をひねったりしてしまうと、腰に負担がかかりやすくなります。

入浴介助

  

着替えや洗体時に前かがみや中腰、腰のひねりなどが生じ、腰に負担がかかります。

トイレ介助

  

下衣の着脱介助などで前かがみ腰のひねりが生じると、腰に負担がかかります。

オムツ交換

  

前かがみや腰のひねりを強いられ、腰に負担がかかります。

体位交換

  

前かがみや腰のひねりを強いられ、腰に負担がかかります。

からだの使い方

移乗介助

持ち上げず、引くように行うことで前かがみ姿勢を軽減する。また、上半身のみでひねらないように注意する。

入浴介助

片膝立ちでなるべく腰を伸ばした状態で行いましょう(前かがみの防止)。また、上半身のみひねることがないよう、注意しましょう。

トイレ介助

下衣の着脱は、片膝立ちでなるべく腰を伸ばした状態で行いましょう(前かがみの防)。また、上半身のみひねることがないよう、注意しましょう。

オムツ交換

ベッド上に片膝を乗せるなどし、両下肢を前後に開くことで腰への負担を軽減しましょう。

体位交換

環境整備のポイント

移乗介助
入浴介助
トイレ介助
オムツ交換
体位交換

ストレッチ

筋トレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました